体験談


T.T さま

今回、私の前世退行は「これから先の人生を主人と共に豊かに幸せに生きていくために」ということをテーマにお願いしました。

早速私はセラピストの京子さんの誘導で、イギリスの大きな庭園を散歩しているブリジットという女性として生きた前世へと戻って行きました。
その人生でも私は今の主人と結婚していました。しかもその男性がとにかく魅力的な男性なのです。
そしてお手伝いさんが何人も何人もいるお城のようなその家で、家事は一切せず、ティータイムを楽しむためのケーキやクッキーを焼いたり、素晴らしい庭園を散歩したり、刺繍や音楽を楽しみながら過ごす毎日。一人息子を授かりますが、その子はその時代の慣例通り寄宿舎のある学校へ入り、大きな農園といくつもの貿易会社の経営者である素敵な主人とそのお母様と一緒に大邸宅で何不自由なく暮らしていきます。そして幸せのままに70数年の人生を終えるのです。主人への愛と感謝にあふれた人生でした。

今の時代を生きる私には、申し訳ないほどに物質的にも精神的にも豊かで充実した人生と、それを心の底から喜び感謝して、けれども淡々と生きていくブリジットはとても新鮮でした。

そしてマスターからのメッセージは「すべては繋がっている。ほしいものはすべて手に入る。ただただ感謝しなさい。そしてそのことを心の底から信じなさい」というもの。

大きな事件が起きたり、具体的な学びのある過去世体験ではなかった今回の前世退行ですが、そのブリジットの一生で味わった至福の時間やそれを感謝して受け入れて良いのだという感覚が、セラピーの後もずっと私の中には残り根付いて、今まで以上に今の主人に感謝しながら毎日を過ごすことができています。
今世を豊かに生きるためのヒントをいただいたと思っています。

また最後に体験した未来世では、外国に暮らし充実した毎日を送っていました。そんな人生もこの先には準備されているのかもしれない、と思うと、ワクワクします。

ブリジットの一生を映画を観るように一緒に辿ってくださった京子さん、本当にありがとうございました。私にとって最初から最後まで幸せいっぱいの、ご褒美のような前世体験をさせていただくことができました。


T.F さま(40代女性)

セラピーに興味はあるけど行くのは勇気がいるし、最初はセッションを受ける事に不安を感じていましたが、リラクゼーションを兼ねて、自分の悩みを聞いてもらおうと軽い気持ちで受けました。

ゆったりした空間、セラピストの優しい声で心地よく時間が流れて行きました。

セラピーを受けていて、自分のことを話していくにつれ、頭と身体が軽くなり何か溜まっている物が出ていくような感じがしました。
しかし、意識はあるので、どこまで話をしていいのかという理性も少し働きました。

セラピストの誘導で自分では気づかなかった自分を受け入れようという気持ちが安心感に繋がりました。
そして自分をもっと知りたいと感じました。

自分では、集中力が乏しいと思っていたのに時間があっという間に過ぎていました。

今後は凝り固まった自分の考え方を変える為、楽しく明るく安心した人生を送る為にもセラピーを受けたいと思いました。


S.H さま(30代女性)

今回は、今の旦那さんとの関係がよく分かる前世を希望しました。
始めに出てきた前世の自分は、綺麗な布が売っている市場へ行って買い物をしたり、ヤギの乳搾りをして日々を過ごし、馬と旅をするのが好きな女性でした。そして銃声が聞こえ、その旅のお供をする馬が何者かによって銃で殺されました。もう、どこにも行けないと閉塞感を感じていました。
次に出てきたのは、結婚式のセレモニーのような場所で、旦那さんになる人を待っているシーンへ行きました。そして、その日に結婚した旦那さんとの間に女児が生まれ、普通に暮らしていたのですが、旦那さんに人格交代してみると、それは今の父親でした。
その前世の旦那さんからは、「妻としてよくやってくれている。もう少し趣味のようなものを見つけて楽しいことをしたらいいのに、まじめすぎる。静かで事なかれ主義なところがあるので、人生をもっと楽しんでほしい。」というメッセージがありました。
他に二つほど前世を体験しました。
その後、特に誘導はされてないのですが、今世の生まれる直前の場面に行きました。
そこは、シャボン玉のようなふわふわ楽しいところで、隣には今の旦那さんとなる魂がいました。今の旦那さんに「下に降りたら見つけるからね。」と言われ、私は「わかりやすく、よろしくね。」という会話をしました。

その後に、前世の死の場面において、神と人間の中間のような人が死を見守っていてくれて安心して息を引き取る事ができました。
前世からのメッセージは「お前は1人になりたがる。遠巻きにも人がいるのに、一人だと思っている。もう少し、他の人と交わって違うエネルギーを感じてもいい。何も気にせず社会の中に泳いで行ってもいいし社会にもまれてもいい。自分と違うエネルギーを感じてほしい。じっと家にいないで自由に社会という大きな海でたくさん遊んだらいいと思う。」というメッセージをもらいました。
マスターは小さなサルのような置物で、そのマスターからは、「大海原を歩いていけ。道が割れたそこに石を置いておく、拾い上げたらそこに扉がある。そこがお前の新たなる道となる。」というメッセージを受け取りました。
その後、5年後の少し先の未来へと行きました。そこは仕事場でメインストリートの路面店で長細い作りのお店でした。地下に秘密の部屋があるようでした。
地下1階には食糧を置くパントリーが置いてありました。2階に上る階段があり、2階へ行くと服を作るアトリエがあり、1階はバーカウンタ―があります。そこでブラットオレンジのようなジュースをみんなに振る舞っていました。色々な人々との出会いがあり、自由でどんどんパワーが湧いてくる感じがしました。
前世療法は以前にも受けたことがあり、その時はヴィジュアルで見えていたのですが、今回は感覚の方を強く感じました。ヒプノセラピーはヒントをもらえる経験ができるのでそこがとてもいいと思います。